銀行融資とクラウド会計に強い新宿区神楽坂の税理士事務所

初回のご相談は無料!!お気軽にお問い合わせください!!

HOME > ライブラリー > 交際費 > 交際費を給与と認定されないために(渡切交際費のリスク)

交際費
ライブラリ

交際費

2018.05.01

交際費を給与と認定されないために(渡切交際費のリスク)

取引拡大を狙って、多くの会社経営者の方が得意先等の接待をされていると思います。

となると、自ずと交際費の支出も多くなり、経費精算の手間も重たくなっていきます。

この経費精算の手間を省くために、一定額をまとめて会社から受け取る方がいらっしゃいます(いわゆる渡切交際費です)。

この場合、会社からの支給額は交際費とは認められません。

交際費と認められないこの費用は、給与として課税されます。

給与として所得税等の源泉徴収が必要となり、また役員に対する支給の場合、定期同額給与や事前確定届出給与の要件を満たさないもの、過大な役員給与に相当するものは全額損金に算入できません。

交際費

2018.05.01

交際費を給与と認定されないために(渡切交際費のリスク)

取引拡大を狙って、多くの会社経営者の方が得意先等の接待をされていると思います。

となると、自ずと交際費の支出も多くなり、経費精算の手間も重たくなっていきます。

この経費精算の手間を省くために、一定額をまとめて会社から受け取る方がいらっしゃいます(いわゆる渡切交際費です)。

この場合、会社からの支給額は交際費とは認められません。

交際費と認められないこの費用は、給与として課税されます。

給与として所得税等の源泉徴収が必要となり、また役員に対する支給の場合、定期同額給与や事前確定届出給与の要件を満たさないもの、過大な役員給与に相当するものは全額損金に算入できません。