銀行融資とクラウド会計に強い新宿区神楽坂の税理士事務所

初回のご相談は無料!!お気軽にお問い合わせください!!

役員給与
ライブラリ

役員給与

2018.06.02

役員退職金

役員へ支払う退職金は、原則損金に算入できます。
(役員給与と異なり画一的な要件はありません。)
しかし「不相当に高額」と認められる部分の金額については、損金に算入することができません。
では、「不相当に高額」であるか否か、どの様に判定するのでしょうか。
法人税の条文では、下記を勘案して算出した金額を超える場合には「不相当に高額」と判断されることになっています。
・勤務期間
・退職した事情(業務上の事故による死亡等)
・同業種、同規模の法人の支給状況
と言われても、具体的な計算のイメージは湧かないと思います。

法人税の条文で具体的な計算方法は示されていませんが、一般的に合理的とされているのは下記の計算式です。
(計算式)
最終役員報酬月額×役員在任年数×功績倍率
(例)
最終役員報酬月額:100万円
役員在任年数:30年
功績倍率:3倍
∴100万円×30年×3倍=9,000万円

最終役員報酬月額と役員在任年数を後から変えることはできないので、税務調査では功績倍率が争点になることが多いです。
(ただし、最終役員報酬月額が不相当に高額であるとして、役員給与と役員退職金の双方が争点になることもあります。)
かつて功績倍率は3倍程度が妥当とされていましたが、それを覆す判決等も出ており、慎重な検討が必要になっています。

👉役員退職金に関するご不明点、その他のお問合せはこちらまで

役員給与

2018.06.02

役員退職金

役員へ支払う退職金は、原則損金に算入できます。
(役員給与と異なり画一的な要件はありません。)
しかし「不相当に高額」と認められる部分の金額については、損金に算入することができません。
では、「不相当に高額」であるか否か、どの様に判定するのでしょうか。
法人税の条文では、下記を勘案して算出した金額を超える場合には「不相当に高額」と判断されることになっています。
・勤務期間
・退職した事情(業務上の事故による死亡等)
・同業種、同規模の法人の支給状況
と言われても、具体的な計算のイメージは湧かないと思います。

法人税の条文で具体的な計算方法は示されていませんが、一般的に合理的とされているのは下記の計算式です。
(計算式)
最終役員報酬月額×役員在任年数×功績倍率
(例)
最終役員報酬月額:100万円
役員在任年数:30年
功績倍率:3倍
∴100万円×30年×3倍=9,000万円

最終役員報酬月額と役員在任年数を後から変えることはできないので、税務調査では功績倍率が争点になることが多いです。
(ただし、最終役員報酬月額が不相当に高額であるとして、役員給与と役員退職金の双方が争点になることもあります。)
かつて功績倍率は3倍程度が妥当とされていましたが、それを覆す判決等も出ており、慎重な検討が必要になっています。

👉役員退職金に関するご不明点、その他のお問合せはこちらまで